最新版の規約・細則PDF版をダウンロード

ー 規 約 ー

第1章 総則

第1条 本少年硬式野球クラブの名称は『高田ボーイズ』(以下「本チーム」という。)と称する。
第2条 本チームは、公益財団法人日本少年野球連盟に所属する。
第3条 本チームの事務局は、『奈良県大和高田市曽大根264-1』に置く。 
                                   
第2章 目的および事業

第4条 硬式野球を通じて、心身の鍛錬と規律を重んずる明朗・活発な社会人としての基礎を養成し、次代を担う少年の健全育成を図ることを目的とする。
第5条 前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)チームの運営およびその維持改善に関すること。
(2)チームの練習および対外試合の参加に関すること。
(3)その他目的達成に必要と認められる事項に関すること。

第3章 組織

第 6 条 本チームに次の役員を置く。
会長・代表・副代表及び、監督はじめその他チームに必要な役員。
第 7 条 本チームは、会長・代表が認めた必要な監督・コーチ(これら以下「指導者」という。) 、中学生・練習生(以下「選手」という。)及び、選手の父母(以下「保護者」という。)で構成する。

第4章 練習

第 8 条 練習は、原則として土曜・日曜・祝祭日とし、自主練習は平日の水曜日・金曜日(19:30〜21:00)とする。
                              
第5章 事故防止

第 9 条 練習・試合・遠征中において事故が生じた場合は、チームは応急措置を講ずる他は一切の責任を負わない。
第10条 選手は、4月よりスポーツ団体賠償責任保険に加入する。
第11条 指導者・審判員は、4月よりスポーツ安全保険に加入する。
第12条 事故の補償については、スポーツ団体賠償責任に保険及び、スポーツ安全保険によるものとする。また、車両事故については、自動車に関する保険によるものとする。
第13条 指導者・選手が一体となり、十分に注意を払い、事故防止の徹底を期する。

第6章 健康管理

第14条 選手は、身体に変調をきたした時は、速やかに指導者に報告をする。また、指導者は、選手及び保護者を治療にあたらせる。
第15条 指導者は、常にチームトレーナーと連携を密にし、故障者に対しては、トレーナーの指導のもと練習メニューを作成する。
第7章 入退団

第16条 本チームに入団を希望する者は、中学生・小学生(練習生)でチームの趣旨を理解し所定の入団申込書を提出し、チーム役員会の承認を得なければならない。
第17条 選手として入団を認められた者は、入団金10,000円を選手登録前に納入するものとする。
第18条 選手未登録の者や入団費の未納の者は、正式に入団は認めない。
第19条 中途退団をした者は、特に理由のない限り再入団を認めない。
第20条 次の事項に該当した時は、チーム役員会の決議により退団させられることがある。
(1)当チームの対面を傷つけ、または趣旨に反する行動があったとき。
(2)正当な理由がなく、無断で複数回練習に参加しなかったとき。
(3)中学校での成績が著しく低下したとき。
(4)複数回以上月会費を滞納したとき。
第21条 本チームから退団を希望する者は、理由書を添付のうえ退団届を提出し、チーム役員会の承認を得なければならない。
第22条 中途退団の場合は、入団金・月会費の返金はしない。

第8章 会計

第23条 本チームの会計年度は、毎年1月1日より12月31日までとする。
第24条 本チームに対する納入金は、入団金・月会費・助成金及び、臨時的必要費用とする。
第25条 入団金は10,000円とし、選手登録前に納入するものとする。
第26条 月会費は、月額15,000円とし、毎月第1日曜日までに納入するものとする。
第27条 臨時的必要費用は、その都度の精算により納入しなければならない。
第28条 中学3年生の月会費は、8月まで納入することとする。

第9章 運営

第29条 本チームの運営費は、入団金・月会費・助成金・寄附金等をもって充てる。
第30条 本チーム運営については、細則にて定める。
第31条 本チームの入団金・月会費の変更は、チーム役員会の決議により変更することができる。
第32条 規約・細則の改正は、チーム役員会の決議により変更することができる。

附 則
本規約は、令和6年4月1日から施工する。

 - 細 則 -

第1章  指導者

第1条 会長・代表は、副代表・その他チームに必要な指導者等の人選を行い、チーム役員会の承認を得る。
第2条 代表・副代表(会長含む)・指導者・マネージャーなど、チームに必要な役員等は、公益財団法人日本少年野球連盟に指導者登録する。
第3条 選手の指導や起用は指導部のみとし、監督はコーチを指揮し、選手に野球の基礎と高等技術の習得を指導し、野球を通じて心身の鍛練とスポーツマンシップの理解に努め規律を重んずる明朗・活発な社会人としての基礎を養成し、次代を担う少年の健全育成を図るよう指導する。
第4条 コーチは、絶えず監督の指示を仰ぎ、指導や練習計画を組む等、監督をサポートする。
第5条 本チーム役員会は、次の人員をもって構成する。


会 長 1名
代 表 1名
副代表 若干名
監 督 1名
その他チームに必要な役員  若干名

第2章  選手

第6条 選手は、公益財団法人日本少年野球連盟に登録する。
第7条 選手は、指導者の指示命令には、従わなければならない。
第8条 選手の信条は、団結・規律・忍耐を旨とし次の事項に徹する。
(1)練習・試合には、最善を尽くして、正々堂々とプレイする。
(2)上級生は下級生に対して親切であり、下級生は上級生を尊敬し上下関係なくすべて仲良くする。
(3)一生懸命勉強するとともに、健康にも留意する。
第9条 選手は、チームの行事に欠席する場合は急を要するほかは、事前に必ず監督に届け出ること。
第10条 高校進学については、高校側から勧誘を受けた場合は、会長・代表・副代表・監督に必ず相談する。

第3章  保護者会

第11条 保護者会は、在籍選手の保護者をもって構成し、保護者会には次の役員を選出する。

・会長 1名    
・副会長(各学年) 1名
・審判員(各学年) 2名    
・書記 1名

第12条 保護者会長及び、副会長は、チーム役員会により選出し、保護者会役員は、チーム役員と保護者会長が協議選出する。任期は1年とする。但し、再任を妨げない。
第13条 保護者会役員の任期は、8月末とする。
                    
第4章  OB会

第14条 OB会は、当チームの卒団員をもって構成し、OB会には、次の役員を選出する。

・OB会長         1名

第15条 OB会長は、チーム役員会により選出し、その他のOB会役員の選出は、OB会長に一任し総会において承認を得る。

第5章  総会

第16条 本チームは、毎年1回定期総会を開くこととし、代表が召集し副代表が議長となる。
ただし、必要があるときは役員会承認のもと、臨時総会を開くことがある。
第17条 総会は、役員及び保護者代表者の出席者をもって構成する。 

附則
本細則は、令和6年4月1日から施工する。